成分

フィットライフコーヒーのカフェインはどのくらい?安全に飲むためには

投稿日:

フィットライフコーヒー カフェイン

血糖値対策として人気のフィットライフコーヒー

コーヒー感覚で始められるからお手軽なんですよね。

発売から15年以上も売れ続けているほど人気の商品です。

そんなフィットライフコーヒーですが、カフェインはどのくらい入っているのでしょうか?

カフェインの摂りすぎは良くないとも言われています。

この記事ではフィットライフコーヒーを安全に飲むための情報をまとめました。

 

フィットライフコーヒーのカフェイン量

フィットライフコーヒー1杯につき、カフェインが55mg含まれています。

そこで、比較のために一般的な飲料のカフェイン量を見やすくまとめてみました。

インスタントコーヒー 60mg
フィットライフコーヒー 55mg
煎茶 20mg
コーラ 15mg

一般的なレギュラーコーヒー1杯でカフェインが60mgなので、フィットライフコーヒーのカフェイン量は普通のコーヒーとほとんど同じか、ちょっと少なめということが分かりますね。

血糖値対策のコーヒーとなっていますが、特別カフェインがたくさん入っているわけではありません。

なので、「フィットライフコーヒーを飲んでもカフェイン的に大丈夫かな?」という不安をもっている人もいると思いますが、いつものコーヒーを飲んだ時とほとんど同じと考えると、分かりやすいですね。

 

フィットライフコーヒーを安全に飲むには

フィットライフコーヒーと普通のコーヒーのカフェイン量がほとんど同じだと紹介しました。

では、いったいどれくらいの量までなら安全に飲めるのか気になりませんか?

実は、カフェインには1日に「これくらいなら飲んでも大丈夫!」という量が決まっています。

詳しく説明すると、【自分の体重】×【3mg】でカンタンに計算ができます。

たとえば、体重が50キロの人なら150mgですし、70キロの人なら210mgになりますね。

フィットライフコーヒー1杯には55mgのカフェインが入っているので、だいたい1日に1杯から3杯を目安に飲むのが安心です。

あまりにも多くの量を飲むと、中には頭がズキズキしたり、依存になってしまう恐れもあります。

健康食品とはいっても、ある程度自分に合った量を飲むことが大切ですね。

公式サイトにも、しっかりと目安量が書いてありました。

フィットライフコーヒー カフェイン

>>>フィットライフコーヒーを限定価格で購入する方法

 

フィットライフコーヒーのその他の成分

フィットライフコーヒーにはカフェインが含まれていますが、その他にはどんな成分が含まれているのか気になりますよね。

実は、フィットライフコーヒーの成分表示はとてもシンプルで、普通のコーヒー成分と難消化性デキストリンという成分でできています。

フィットライフコーヒー 成分

難消化性デキストリンというのは、カンタンに言うと水に溶ける食物繊維のことです。

とうもろこしから抽出されているから体にも優しいのが特徴です。

この難消化性デキストリンという成分がフィットライフコーヒーのいちばんの特徴でもあります。

この成分があるおかげで、糖の吸収がおだやかになるという研究結果もでているんです。

フィットライフコーヒー カフェイン

また食物繊維なので、女性の中には「毎朝スッキリ出るようになった!」などのようにうれしい効果を感じている方も多くいらっしゃいました。

 

まとめ

フィットライフコーヒー カフェイン

フィットライフコーヒーは1日に1杯から3杯を目安に飲めばカフェインを気にせずに飲めます。

またその他、とうもろこし由来の食物繊維も含まれていて、糖の吸収をおだやかにしてくれます。

 

ちなみに今、公式サイトで購入すると50%OFFで購入できますよ。

無料特典のマグカップももらえてしまうので、コーヒーで血糖値対策ライフをスタートするにはもってこいですね。

>>>公式サイト限定価格で試してみる

-成分
-,

Copyright© フィットライフコーヒーの口コミ、効果的な飲み方から副作用まで , 2018 All Rights Reserved.